自動車保険には、代理店で契約をgf1120209840m行うものと、通販型やダイレクト型と呼ばれるものの2種類があります。
代理店は、対面で相談しながら保険を選べるという特徴があり、ダイレクト型は、直接保険会社に書類を送ることで手数料を省けるため、保険料が安くなるという特徴があります。
さて、自動車保険で気になるのは、トラブルが起こった時の対応です。
この点について、ダイレクト型の対応はしっかりしているのだろうかとう心配をされる方も多くおられます。
トラブルが起こったときに、初めて保険会社の方と顔を合わせることになるのですから、不安に感じる方が多いのです。
しかし、実際には代理店にくらべて、ダイレクト型の事故対応が悪いということはありません。
多くのダイレクト型自動車保険では、トラブルが起きた時の対応の満足度で好評価を得ています。
また、日本の通販型保険はもとより、外資系の通販型保険も、対応の良さで高く評価されています。
世界的な信頼性を持つリサーチ企業であるスタンダード&プアーズの行った、日本の外資系保険会社に関する格付けでは、日本に参入している外資系の通販型保険はA以上の高評価がつけられており、その信頼性を裏付けられています。