テレビCMでもおなじみのダgf1420135114lイレクト型保険。代理店を持たないことからその分の経費を浮かすことができ、その結果商品の価格を安く提供、人気となっています。しかし、値段が安いのはいいですが、実際に事故を起こした時、対応は大丈夫なのでしょうか。そこでダイレクト型と代理店型の事故対応の違いについて簡単に説明します。 事故が日中自宅付近で起きた場合、代理店型では担当者が駆けつけてくれることもあります。以前はこのサービスは多く見られましたが、担当者は精神面のケアと写真撮影しかやることがないこと、そしてコスト削減などもあって、このサービスは今ではほとんど行われなくなっています。 通常ではダイレクト型も代理店型も事故が起きた場合は電話で処理が進んでいきます。ダイレクト型の方が代理店を通さないのでことが早く進むことが多いというメリットがあるようです。 また、代理店型、ダイレクト型のどちらも、担当するのは生身の人間です。そのため、担当者の能力によってサービスの内容に多少の差が出るようです。 ダイレクト型は拠点数が少ないから、事故の際の対応が悪いというわけではないようです。会員数も少ないのでその分きめ細やかな対応をしてもらえる可能性もあります。