gf0780078654l任意加入する保険の中にダイレクト型保険があり、これは代理店型より安いため利用しやすいですが、安いので事故のときに適切な対応が取れるのかという不安もあります。これについて、対応方法は会社によって差異はありますが、適切な対応を行えるため心配はありません。
事故が起きたとき、自分で電話して保険会社に電話してやり取りする必要がありますが、このとき、受付専門の担当が用意されています。このような状況では気が動転して適切な対応を取れなくなってしまうため、まずは心のケアを行いながら、どのような対応を行えばよいのか説明を行います。
初期対応の後に専任の担当者が付いて対応を行います。この担当は途中で変わることがなく、安心して任せることができます。事故に相手がいる場合には相手とのやり取りも担当者が行ってくれます。相手の状況が重症であるなど、最初の受付ですぐに判断できる場合には専門性の高い担当者が付くのも安心できます。
ダイレクト型では交渉状況を複数の担当を通さずに直接担当者に聞くことができるのも強みです。また、インターネット上で現在の対応の進捗状況が確認できるところもあります。
保険料の安さは代理店を通さないことでマージンをカットできたり、インターネットを利用することで人件費をカットすることで達成しているものであるため、安いから対応が不適切になるということはありません。