事故に遭った場合の対処

| 未分類 |

  自動車を運転していると、自分が相手の自動車にぶつけることもあれば、相手から自動車にぶつけられることもあります。
  自動車を運転していて相手から接触されたり追突されたりする交通事故の被害をうけた場合の対処方法は道路交通法で決められています。
  運転していた当事者同士に怪我等がないかを確認し、怪我があれば負傷者すぐに救護しながら119番通報しながら、警察へ110番通報しなければなりません。
  警察官が来てくれれば、接触や追突された状況などを説明する必要があります。
  相手や自分に怪我があり、救急車などで搬送され病院で治療を受ける場合などは、自動車運転過失傷害罪の関係から警察官が現場見聞をおこないます。
  この場合は、行政点数を減点されるだけでなく、他に罰金を支払わなければなりません。
  双方に怪我がなければ、警察官は接触部分を確認して、どのように自動車が接触したかを確認します。
  警察官が確認を終えれば、証明書を警察署が発行してくれます。
  保険会社から保険金の支払いをうけようと思えば警察署が発行する証明書が必ず必要になるので、必ず警察へ通報しなければなりません。
  保険会社から保険金の支払いを受けずに示談する場合でも、警察が現場確認すると、後で揉めても安心です。