加害者になった場合

| 未分類 |

  自動車を運転していると、交通事故の被害者になる場合もあれば、加害者になる場合もあります。
  自分が運転する自動車で、相手の自動車に接触してしまった場合などは、その場で停車してしまうと後続車から追突されるなどの二次被害に遭う可能性もあることから安全な場所に移動する必要があります。
  安全な場所に移動すれば、双方に怪我がないかを確認し、怪我がある場合などは救護を行いながら救急車を依頼しなければなりません。
  そして、交通事故を起こしたらすぐに警察へ通報しなければなりません。
  怪我をしている場合は、警察官が現場確認を行いながら、自動車運転過失傷害罪として取調べを受けることになります。
 双方に怪我がない状態であれば、軽微な交通事故として、自動車の接触箇所を警察官が確認を行い事故証明書を作成してくれます。
  その後は、自動車の損傷部分を治すことになり、示談交渉を進めて行くことになるのですが、保険会社の保険金を使って治すか自腹で払うかは事故を起こした本人が決めなければなりません。
  保険金で自動車を修理する場合は、警察署から事故証明発行してもらう必要があるので、保険会社に問い合わせをして会社で手続きしてくれるかを確認しなければなりません。