被害者になった場合

| 未分類 |

交通事故で被害者になった場合は、気が動転したり感情的になったりしやすいものですが、何より大切なことは、まず落ち着くこと。ここでは、自分が大きなケガをしていないという前提で考えます。最初に、他にケガ人がいたら安全な場所への移動と応急処置を行い、その次に110番へ事故の場所と状況を通報しなければなりません。しかし現実には、救護中に加害者が現場から立ち去ったりすることもありますから、可能ならば救護や通報は他の人にまかせ、加害者の免許証、クルマなどのナンバープレートで身元確認をします。スマートホンなどで写真を撮っておくと良いでしょう。通報前に、加害者側から警察を通さない示談交渉を持ちかけられることもありますが、絶対に応じてはいけません。また、少しでも身体にダメージを感じたら、人身事故扱いにして必ず一度病院で診察を受けてください。現場では平気でも後から症状が出ることも少なくありませんが、一度物損事故扱いにしてしまうと後から変更はできず、ケガの補償が受けられなくなります。
現場の様子やクルマなどの破損状態も写真に撮っておくと、後で警察が現場確認をする際に役立つこともあります。そして遅くとも警察の現場検証が終わった段階で、加入している損害保険会社へ事故の発生を連絡しなければなりません。これを忘れていると、最悪の場合は補償を受けられなくなることがあります。
事故に遭ってしまったら、とにかくまず落ち着いて必要なことを行い、加害者に対しては毅然とした態度で応じることが大切です。