自動車保険にも種類があります。
一般的にはダイレクト型と代理店型に保険も種類別できます。
この二つの違いは、主に保険料のみなイメージがありますが実際に料金だけが違うのでしょうか?

実は、結構メリットデメリット双方とも結構違ってきます。
ダイレクト型は料金が安い分ある程度保険に関する知識に詳しくなければ利用できないと考えるべきでしょう。

逆に、代理店型は相手の顔も見えており、逐一相談がしやすいというメリットがあります。
もちろん、ダイレクト型の自動車保険に比べて、保険に掛る料金が高いというデメリットはありますが色々なお世話をしてもらえるというメリットがあるのです。

保険金の支払いに関するトラブルも、ダイレク型の方が結構多いのも特徴でしょう。
そのため、ダイレクト型を利用する場合は料金を安くしてもらう分、自己責任がまとわりつくと考えるべきかもしれません。

このように、ダイレクト型と代理店型の自動車保険では料金以外にも、違いがたくさんあります。
実際に事故に遭った時の事を考え、その違いをしっかりと理解して保険の契約先を選ぶべきでしょう。
自己に遭った時に適用されなければ、全く意味がありませんので注意して契約先を選ぶようにしましょう。